2012年01月31日

秘密のケンミンSHOW、よ〜いドン!、おとなのOFF、【あす楽対応】【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ_メッセ入力】いちご煮お試しセット【送料無料】TV・雑誌・新聞で紹介♪ウニとアワビのお吸い物【東北復興_青森県】【楽ギフ_送料無料0113】

秘密のケンミンSHOW、よ〜いドン!、おとなのOFF、【あす楽対応】【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ_メッセ入力】いちご煮お試しセット【送料無料】TV・雑誌・新聞で紹介♪ウニとアワビのお吸い物【東北復興_青森県】【楽ギフ_送料無料0113】秘密のケンミンSHOW、よ〜いドン!、おとなのOFF、【あす楽対応】【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ_メッセ入力】いちご煮お試しセット【送料無料】TV・雑誌・新聞で紹介♪ウニとアワビのお吸い物【東北復興_青森県】【楽ギフ_送料無料0113】
¥2,000円(税込)送料込 カード利用可

ギフト対応 「いちご煮」の名は、お椀に盛付けたとき、乳白色の汁の中に沈む黄金色のウニの姿が、“朝もやの中に霞む野いちご” のように見えることから名付けられたといわれています。魚介類の豊富な青森県八戸地方では、昔からすもぐりで漁を行う漁師たちが浜辺に大きな釜を持ち出して焚き火をしながら、捕ったばかりのウニとアワビを煮込んで食べていたともいわれております。海の香りをそのまま閉じ込めた豊な味わいは、今ではこの地方の晴食の一番吸い物の潮汁として供される上品で高級な料理となっています。■お召し上がり方お吸物缶を開けて、具・汁ともに鍋へ移していただき温めてお召上がりください。いちご煮180g1缶で、約1人前になります。大葉(青しそ)をきざんで添えていただきますとより一層、風味豊かになります。炊込みご飯お米1合を洗って水を切りいちご煮缶を開けて、具・汁ともに炊飯器へ入れて炊込んでください。大葉(青しそ)をきざんで添えていただきますとより一層、風味豊かになります。*ご飯の炊き上がりが柔らかめをお好みの場合は日本酒を少々加えてください茶碗蒸しいちご煮缶を開けて、具と汁をわけます。溶卵といちご煮の汁を混ぜて裏ごしします。具を入れておいた茶碗に汁を加え蒸してください。その他にも、いろいろお試しいただけます。*ご飯を入れて「いちご煮ぞうすい」*茹でたスパゲティを入れて「いちご煮スパゲティ 」内容量:180g(約1人前)×3缶賞味期限:製造日より36ヶ月 缶底か缶蓋に記載保存方法:常温 常温でお届けです 【smtb-td】 浜料理から、料亭料理へ青森県八戸近辺の漁村では、古くからすもぐりで漁を行う「かづき」と呼ばれる男たちがいました。夏になると、かづき達は、浜辺に大きな釜を持ち出して焚き火をしながら、捕ったばかりのウニとアワビを煮込んで食べておりました。この浜料理が、大正時代に八戸市鮫町の老舗料亭旅館「石田家」の二代目主人、石田多吉によって「いちご煮」と名づけられ洗練されたお吸い物になり、供されるようになりました。そして、現在に引き継がれております。海の香りをそのまま閉じ込めた豊かな味わいは、今ではこの地方の晴れ食の一番吸い物の潮汁として供される上品で高級な料理となっています。現在、日本料理人の間では、「いちご煮」の名を知らない人はいないといわれるまでになり、青森県を代表する郷土料理の一つとなっています。朝もやに霞む「野いちご」ウニとアワビの潮汁「いちご煮」の名は、お椀に盛付けたとき、乳白色の汁の中に沈む黄金色のウニの姿が、“朝もやの中に霞む野いちご”のように見えることから名付けられました。 昭和 55年 「いちご煮」 缶詰の誕生今から30年前の昭和55年10月25日。昭和30年から数十年と培ってきた、当社グループの缶詰技術を屈指し3年にもおよぶ長い年月、研究開発をし続けた結果やっと、世の中に初めて「いちご煮」の缶詰が誕生しました。昭和52年、当時社長(現会長)の「この美味しい誇れる郷土の味、『いちご煮』をいつでも、どこでも、手軽に、皆様に食べてもらいたい。」という思いから研究・開発が始まりました。先代(現会長の父)は、「いちご煮」誕生の『料亭旅館 石田家』と付き合いがとても深く、それゆえに、現会長にとって「いちご煮」は、より一層、特別なものなのです。八戸へ来なければ食べることができなかった「いちご煮」、また、お店で食べると安いところでもお椀1杯、1,500円以上の「いちご煮」が、『いちご煮缶詰』の完成により、いつでも、どこでもお手軽に食べることができるようになりました。 1分18秒に1缶、売れてる販売したてのころは、「いちご煮」という名前から、イチゴジャムと間違えられたりお吸い物と知らずに、中身をザルにあけてしまいせっかくのウニとアワビの旨味いっぱいの「出し汁」を捨ててしまった話など、多々ございました。(今でも、ときどきこのような話は聞きますが・・・)販売から28年、年々皆様に認知され、そして愛され、現在この元祖いちご煮缶詰415gは、1分18秒に1缶、売れるまでになりました。この数量は、縦に並べると、東京タワー130基、富士山なら11山分にもなります。 「いちご煮」を使ったアイデア料理いちご煮炊き込みご飯洗って水を切った1合の米といちご煮180g1缶の汁・具を電気釜に入れ炊き上げます。青じそや、あさつきをちらしますと、いっそう風味が引き立ちます。いちご煮茶碗むし缶詰の具と汁を別々に分け、具は茶碗に移します。卵を良くかき混ぜて裏ごしします。具を入れておいた茶碗に汁を加え、蒸し器で10分位蒸します。いちご煮ぞうすい開缶して、具と汁を鍋に移して、温めておきます。水洗いして、ぬめりをとったご飯を入れて一煮立ちしたら出来上がり。お好みで三つ葉・青じそなどを加えていただきますとよりいっそう風味が増します。
さらに詳しい情報はコチラ≫


[PR]
posted by vrkyv at 14:00 | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。